Ruby on Rails 5.1に対応したRailsチュートリアル [第4版]の動画講座を現役エンジニアによるQ&A対応付きで提供開始

ShareWisにおいて、「【現役Rubyistが質問対応】Ruby on Rails (5.1) チュートリアル [第4版]」の提供を開始しました。本オンラインコースは、Ruby on Railsの初学者に最適な教材として名高いマイケルハートル氏著「Ruby on Rails Tutorial」(※1) の日本語訳版の公式解説動画教材に、現役のRailsエンジニアによる質問対応が追加されたオンラインコースです。解説動画では、Webサイト「Railsチュートリアル(※2)」の運営者であり、Rails技術者認定試験運営委員会でテクニカルアドバイザーである安川要平氏が講師を務めます。

※1原著: Ruby on Rails Tutorial: Learn Web Development with Rails (4e) Michael Hartl / 日本語版:Ruby on Rails チュートリアル:実例を使ってRailsを学ぼう(第4版)Railsチュートリアル翻訳グループ (代表:安川要平)

※2 Michael Hartl氏の著書『Ruby on Rails Tutorial』の日本語訳をオンライン上で無償公開しているサイト。原著もオンライン上で無償公開されています。

 

【提供講座の詳細について】

・講座名: 【現役Rubyistが質問対応】Ruby on Rails (5.1) チュートリアル [第4版]

・URL: https://share-wis.com/courses/ruby-on-rails-tutorial-four-ver-five-one

・解説動画総時間数: 約36時間

・現役RailsエンジニアによるQ&A対応(購入から1年間)

・価格: 59,000円

【講師: 安川要平氏について】

YassLab代表。早稲田大学情報理工学科卒 (修士)。米国留学中に開発した震災対策アプリのヒットを契機に、帰国後、起業。 主にアジャイル開発・教材制作・翻訳技術研究の3つの事業を展開。IPA未踏スーパークリエータ、TEDxRyukyuスピーカー。国内屈指のRails学習サイトである「Railsチュートリアル」と「Railsガイド」を運営している。また、全国100ヶ所以上に点在する子どものためのプログラミング道場「CoderDojo Japan」の代表理事や、U-17向け未踏プロジェクト「未踏ジュニア」のPMも務める。