※4月2日追記:以下のプレスリリースはエイプリルフールのネタです。現在もShareWisはShareWisとしてサービスを展開しております。

学習サイトShareWisがサービス名をCherryWisに変更
チェリー男子が桜色になる学びの場を目指す

株式会社シェアウィズ(本社 大阪市鶴見区、代表 辻川 友紀)は、2014年4月1日(火)に無料学習サービスShareWis(シェアウィズ)の名称をCherryWis(チェリウィズ)に変更しました。

cherrywis image

 「知識の地図」で学ぶ無料学習サービスShareWisは語学、プログラミング、会計などを気軽に学べるサービスとして多くの方にご愛顧いただきましたが、この度、サービスを運営する男性社員がチェリー男子から真の漢(おとこ)を目指すために、サービス名をCherryWis(チェリウィズ)に変更する決断を下しました。
今回の名称変更に合わせ、「知識の地図」の画面を桜色を基調にしたものに変更しました。これは「女性が好きそうな色にすればモテるかもしれない」という極めて浅薄な考えに立脚した経営戦略上の判断でございます。
また合わせて、学習コース「エイプリルフールは笑ってすごそう!」を公開いたしました。これは「かわいい動物の動画で学習すれば、消費税増税による景気の停滞も防げるかもしれない」という、春の陽気で頭がどうかなってしまったとしか言いようがない財務戦略上の判断でございます。
CherryWisは日本全国に桜の美しさとサクランボの甘さを伝えるため、サービスの改善に取り組んでまいります。

【エイプリルフールは笑ってすごそう!】
◆URL :http://share-wis.com/courses/804

【CherryWisについて】
CherryWis(http://share-wis.com)は、URLを見れば分かるように、元々はShareWisという学習サービスです。
普段は社会人をターゲットに「学習を冒険に変える」をコンセプトにした学習サービスを提供しておりますが、てんとう虫がしゃしゃり出る季節を迎え「学習を桜色に変える」に方針の大幅変更を行いました。
なお、今回の「知識の地図」の色の変化はWeb版のみの変更となりiOS版は通常版の色が維持されています。